カズです。


沢村よしゆき 印税家族(ロイヤリティーファミリー)


最終レビューです。無料無料と
言ってましたがやはり有料でしたね。


そしてちゃんと気をつけないと
「落とし穴(?)」もありましたので。


前回までのレビューはコチラ


沢村よしゆき 印税家族(ロイヤリティーファミリー)では印税収入は難しい?


沢村よしゆき 印税家族(ロイヤリティーファミリー)のARSでそんなに簡単に稼げるの?


沢村よしゆき 印税家族(ロイヤリティーファミリー)のARSなら他人任せで楽々稼げる?


沢村よしゆき 印税家族(ロイヤリティーファミリー)の印税倶楽部に参加してみた結果www


最終の今回は2個分動画まとめてます。

ARSに参加するにはREFに参加しないとダメ



動画第4回




動画第5回




どちらの動画も1~3回目までのまとめですね。
ARSを完全無料で提供すると言ってますが


inzeikazokunoho45.png


inzeikazokunoho46.png


RFP(ロイヤリティーファミリープロジェクト)
これに参加した人に無料で提供するということ。



inzeikazokunoho51.png


inzeikazokunoho53.png


RFPはもちろん有料です。
結局お金を払わないとARS使えないのと同じ。


まぁ無料で使えるわけないですよね^^;


RFPではあらゆる機能が使える
完全版ARSを提供すると言っていて


この完全版なら資金・スキル・努力なども
何もせずに継続的な印税収益を手に入れられると。
毎月10万以上の印税収入保証もつけるとも言ってます。


しかも最低額基準なので、初月から50万以上の
印税収入を初月から得ている人もいるとも言ってます。


とにかくメリットのオンパレードで、キムラさんも


inzeikazokunoho59.png


inzeikazokunoho60.png


1クリック誰でも出来るとベタ褒めですww


第5話目では、RFP参加者のメリット説明ばかりで
お腹イッパイですがここで簡単にまとめると


・毎月最低10万円の印税収入保障
・電子書籍15冊出版保証
・徹底的なサポート実施


ってとこですね。他にも他に年収1億円の
人脈紹介とか印税倶楽部の食事会とかも
ありますが、主な機能や特典はこんな感じですね。


でもやっぱりデメリットの説明が一切無さすぎるんですよね。


努力しないで1クリックで稼げてしかも
デメリットなし。そんなノウハウありませんから。



何回か言ってますが、そんな方法あったら自分だけでやりますから。


だって1冊で5000円とか1万円とか稼げるなら
10万冊分の原稿や写真集を自分で売るのが一番です。


やはり安易に信用するのはアブナイと僕は思います。

やれば売れ続けるというワケはない



沢村さんは参加者が増えれば増えるほど
印税収益が増えるし飽和する事などナイと言ってますが


これって同じような事言ってる
あのオファーと内容が似てます。


http://jyoho01.blog.fc2.com/blog-entry-293.html


これも基本的には自動で参加者が
増えれば増える程稼げるという趣旨でしたが
以前から色んな意味で噂になってるノウハウですね。


少し話はズレましたが、参加者が増える程
飽和しないのであれば、その部分こそを
しっかりと最初に説明すべきだと思います。


このARSの中にある10万冊の原稿は
基本1冊5000円だと7万5000円、1冊1万円だと
15万円の印税収入を手に入れることが出来るけれど


出版している中には1冊で30万、50万と
収益を上げている人もいるらしいんですね。


でも同じ書籍を同じ方法で販売しているのに
人によって何でこんなに差が出るんでしょうか?


努力もスキルもいらないなら、それこそ
全く同じ工程で同じことをしているハズです。


原稿の中身も変わらないでしょうに
何で個人差が出るんでしょうかね?
その部分の説明は一切ありません。



また、ARSを使った電子書籍ノウハウなら
生涯にわたり印税を受け取り続けられると言ってますが


販売プラットフォームをAmazonなど外部に
依存している限り、規約や仕様変更の恐れもありますし
永久に続くという保証はありません。



だからこういう部分を沢村さんが保証出来るはずがないわけです。


1冊5分で出版出来るなら、大量に
何冊も出品する人も続出するでしょう。


そんな事をしていたらAmazon側もバカではないので
規約や監視を厳しくしてアカウント停止処置をする可能性もあります。


これは自動化の罠とも言えるべきところで
誰でも出来るからこそどこかで+αのスキルや
戦略が必要になってくるということです。


1クリックで書籍が作れるのは良いとしましょう
(その書籍が質も良くて需要がある事が最低条件ですが)


でも、そこから長く大きく売り上げを上げていくには
販売する対象へのリサーチや戦略も必要になります。



ちょっと考えただけでも不安要素がこれだけ
出てきますので、そこを動画で上げて欲しかったですし
対処方法もしっかりと説明してほしかったですね。

RFPの価格と落とし穴とは??



最後に待っているRFPの
販売ページに用意されている価格ですが


inzeikazokunoho70.png


ARS搭載パソコン無しプラン⇒10万円
ARS搭載パソコン有りプラン⇒15万円



という価格で売られています。最近の
高額塾と比べたら安めの設定だと思いますが
逆に色々保証つけまくってるのにこの価格だと


安くて逆に不安になります。


で、その不安が的中したというか
あれだけ誰でも結果を出せると言ってましたが


inzeikazokunoho68.png


特定商取引法では効果を保証していませんでした。


inzeikazokunoho71.png


最後は特定商取引の書かれている内容が
優先されますので、いくら動画で「絶対稼げます」と
言ったところで法的には何ら効果がありません。



他にも10万円保証や全額返金保証など条件を
満たすには、かなり細かい事項を守らないといけないようで
こういう部分を動画で言っておくべきでしょう。


特定商取引全文はコチラ


正直、この内容を全て厳守して返金や保証条件を
満たすのはかなり大変だと個人的に思っています。


なぜならRFPを購入する傾向にあるのは

何もせずに1クリックで印税収入が稼げるから

こう思う人が購入するような作りになってますから。


つまり極力自分で何もしたくない人が多く、レポート提出や
沢村さんとのコミュニケーションなど継続した努力や実践が不向き。



まぁ運営する側としてはすぐに返金と言われても
困るので細かく規定するのもわかりますが


それならそれでセールスの時点である程度説明しておくべきでしょう。


なお、毎月10万保証の規約欄に
「法律の改正や状況変化が発生することの返金は受けない」
こう書いてありますが


inzeikazokunoho72.png


これこそAmazonのプラットフォーム側の仕様変更で
何か不都合が起きた場合は、保証が効かなくなる可能性もあります。


最後まで見てきましたが、以上から
僕は個人的にRFPに参加はしません。



僕が最も知りたかったデメリット部分が
最後まで語られませんでしたし^^


・10万点の書籍や写真集もどういった質のモノなのか
・5000円、1万円の印税収益が得られる根拠もハッキリとわからない


など不明点も多かったので。


もし参加される際も絶対に稼げるメリットしかない
ノウハウなど存在しないし、保証される確証はない
そう覚悟して参加された方が良いと思います。


確実に資産を築き、稼ぎ続けたい人へ



「簡単に、すぐ、即金で稼げる」


こういう情報がネット上で多く出回っていますが
その殆どは誇大広告です。


実践しても全く稼げず、大切なお金だけ
使って残るはゴミ情報だけ、、、それが現実です。


僕も昔はこういう情報に踊らされ
簡単に稼げるという情報に飛びついては騙され、
それを延々と続けて、全く稼ぐ事が出来ませんでした。


そして多額の借金も作ってしまい、
八方ふさがりになってしまいました。


でもそんな時に、ある出会いがキッカケで
ネットビジネスで大きく稼ぐことが出来るようになり

嫌な会社を辞め、今の自由でお金に不自由しない
好きなことを好きなだけ出来る生活を手にすることが出来ました。


そんな僕がネットビジネスで自由を手にするまでの道のりです↓↓


カズが多額の借金を返済し自由を手に入れたストーリー


そして、そんな僕が成功するキッカケになった


ネットビジネスで稼ぐ為のノウハウを無料で公開しています


へんなセミナーや高額塾誘導など一切ない
限定ノウハウや優良商材顔負けの極秘情報も随時お届けしています^^



ネット業界は変化が激しいのでノウハウも時代に併せて
どんどん修正や改良を加えています



ネットビジネスで稼ぐ楽しみ、是非味わってくださいね^^


画像をクリック↓↓


765120140620134851070s.png


一人で悩まずにいつでも気軽に相談ください。
1つ1つ内容をみてちゃんと返信しています^^


カズにメールしてみる?


では、カズでした。


「最新記事」
詐欺高額塾で被害に合われた方からの報告をいただきました。



高額塾の実態? 被害にあわれた方からの報告です
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None